おうちホームステイの30分が魔法の時間に変わるために

外資系企業だったが英語を使用せず英語力ダウン

社会に出て大分時間が経ち、現在ではすっかり仕事で使う言語で困るということもなくなり、つつがなくル−ティ−ンを繰り返していたつもりでした。
外資系企業ではあるものの、主な言語が英語ではないという特殊性もあり、その言語を自分のものにするために必死で学ぶのと比例するかのように英語力が落ちて来たことは否めないことです。
そんな時、まさかのトップ交代で今後は会議等で英語を話さなければならない環境となってしまいました。
英語は読み書きでは大して苦労はしないものの、会話となると自信があるとは言えないのが本音かも。
そこで、遅まきながら会社の近所の英会話教室に通うことに決めたのです。

体験レッスンも終了し、すっかりヤル気になっていたのにその頃から残業が驚く程増えてきたのは想定外。
これでは英会話教室に行く時間を捻出することも出来ません。
そこで何とか家で英語力アップを図れないかと探しまくり、辿り着いたのがおうちホームステイでした。
実は学生時代に数か月アメリカに本当にホ−ムステイをしていた経験があったので、ホームステイという単語に反応してしまった訳です。
でも、その時はいくら何でも自宅でそれほど効率良く英会話能力がアップするはずがないと思っていました。

外資系企業だったが英語を使用せず英語力ダウン英語を使う機会が増えることになりおうちホームステイ登録1日30分の勉強で効率よく英語力がアップ